アパート経営が人気の理由 不動産売却査定サイトおすすめ

アパートは手堅く収益化できる

アパート経営が人気の理由

現在アパートの不動産売却を考えている方は、近年のアパート経営人気の事情を把握しておく必要があります。特に、少ない投資額で、毎月家賃収入を受け取れるかもしれないという点を魅力に感じる人々が参入してくる場合が多いため、アパート経営を始めたい人向けの少しトレンドとしての付加価値をつけた価格でアパートを売ることもできるでしょう。

 

公的機関の評価額などを参考にする必要もありますが、それに追加で家賃収入が得られる可能性が高いという事は交渉にかなり有益に働きます。アパートを売ったからと言って、アパートの入居者の家賃や入居者の生活まで契約でなにか決めたり、変更したりすることにはならないですが、不動産売却する時に注意が必要です。

 

田舎や地方のアパートは安く手に入る

地方のアパートでも家賃はせいぜい3万円から5万円ほどは設定されています。6部屋から8部屋ほどしかないアパートでもすべての部屋に人が住んでいれば、家賃収入は18万円から40万円ほどになりますので、収益化されているアパートならば、少し多めに投資をしてでも購入したいと思う人はいます。この場合、アパートの売却価格は建物の価値だけでなく、家賃収入が得られるはずの一定期間分の価格も追加してしまうこともあります。

 

例えば、建物そのものが1000万円の価値で、毎月家賃収入が20万円得られる場合、半年間で得られるであろう120万円の家賃収入分を1000万円に加算した金額を売却価格にするといった形を取ることもできます。この家賃収入は、入居者の契約期間などによって変化することもあり、多くの入居者が1年以上の契約をしている場合には1年分家賃を上乗せして請求しても良いでしょう。

 

アパート経営のランクアップにも

既に安いアパートを経営していた方が、それを売却して得たお金で新しく、利益が増やせるアパートを購入したいというニーズもよくあります。不動産投資は気長に利益が出ていくものなのですが、少しでも早くステップアップしたい場合には、初期投資費用に家賃収入をどんどん加算していって、もっと利益率のよい不動産、毎月の収益金額が大きい物件に乗り換えていって、毎月の収入を増やしたいと考える人は多いです。

 

アパート売却をしてもよく売れるのはこうした人がいるためなので、取引はプロの不動産売却会社に任せたほうが良いでしょう。入居者にとってはアパートの持ち主が誰でも関係ないですが、不動産業者がアパートを管理していれば、持ち主の変化が入居者にバレることもなく、低リスクで不動産取引ができます。

おすすめランキング

■ 当サイト運営者については⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP