家の価値を決める要素とポイント 不動産売却査定サイトおすすめ

家の価値は築年数で決まる

家の価値を決める要素とポイント

一戸建ての家の価値は、築年数が長くなるとそれだけ下がっていきます。5年経つとほぼ半分、10年経つと0になります。こうなった場合は一戸建てを売ったとしても土地代金くらいしか利益にならないということを把握しておきましょう。築年数が長い場合も、土地の価格はそこまで大きく変わらない場合が多いため、不動産売却をする時には土地の評価額を確かめることを優先しましょう。

 

築年数が10年過ぎてしまっている場合は、家を建てた時に掛けた金額、資金を回収できるとは思わないほうがよく、不動産売却会社に依頼したほうが価格をきちんと決めてもらえます。築年数が長くなるほど価値が上がる一戸建てというのはそうそうありませんので、骨董品のようにプレミアが付くというような期待はしないでください。

 

土地の価格が上がることはある?

土地の価格は基本的に大きな変化はないですが、周辺の土地、施設の発展によっては土地の価格が上がることもあります。逆に過疎化が進んでいて、周辺が不便になっていた場合は土地の価格が落ちることもあります。こうした土地の価格、土地の価値は市町村や都道府県が決めるため、個人ではあまり手が出せない部分で、不動産会社に依頼していないときちんと売却ができない可能性があります。

 

土地の価格はちょっとした要因で変化する場合があるため、評価額は売却前、売買契約締結前に確認しておきましょう。価格を先に決めてしまうと、タイミングによっては本当に惜しいタイミングで土地の価格が変わってしまう可能性がありますので、情報収集がしっかりできる不動産会社に頼るようにしてください。

 

新しい家に住み替えるのもあり

一戸建てをただ売ることを考えるのではなく、余裕があるならば不動産取引をして、家の住み替えをしてしまうのもありです。親の家や自分の家を売る時、土地の価格や家の価格が合わさってまとまった資産を手に入れられれば、少し価値が下がった数千万円レベルの一戸建てを入手することもできます。

 

1000万円くらいの安い家に住むところからはじめて、少しずつ高くて広い家に住み替えていくと、どんどん生活レベルも所有資産も増やしていけます。日々の投資、貯金額も合わせていけば不動産取引は成功させやすくなりますので、アドバイスやサービスの充実している不動産会社に出会うのは非常に大切です。インターネット上の不動産売却会社からでも良い会社は見つけられますので、まずは無料相談からはじめてよい出会いが生まれるようにしましょう。

おすすめランキング

■ 当サイト運営者については⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP