アパート売却は代行業者に任せる 不動産売却査定サイトおすすめ

アパートは収益物件

アパート売却は代行業者に任せる?

不動産売却をする時、収益物件として扱われるアパートは、そこに関係するお金の問題、不動産会社の思惑、買い手の希望などがあり、きちんとした不動産売却会社を選ばないとアパートの売却に失敗して損をすることがあります。不動産売却の代行業者に任せる以外にも、信頼できる不動産会社に預けてしまうほうが良いこともあり、物件の管理を手放して管理会社に依頼するのもありです。

 

収益化して、少しでもコスパの良いアパート経営にするためには売却だけが全てではありません。主にアパートの収入源は家賃収入ですが、工夫すれば太陽光パネル、アパートの壁への広告掲載、看板掲載、チラシやポスティングなどの引受、インターネット接続、電話回線などの契約を事前に選んでおける場合もあるので、ちょっとしたところで利益が出せるかもしれません。

 

売却代行会社に任せるときの注意

不動産売却会社に依頼する時は、手続きや書類、取引するときのお金の話などいろいろ考慮することがあります。無知な人だと、不動産会社の説明不足や落ち度に気づけないまま、不利な契約をさせられてしまうこともありますので、最低限宅地建物取引士の資格を持っている方が安心です。

 

先方からの不利な提案や一般的ではない契約内容があれば売却を頼る場合でも無理にお願いする必要はありません。良い会社を選び出すためにも知識が必要なので、宅地建物取引に関係する法律、相手の人間性、言葉を選べているか、態度はおかしくないかなど、細かな部分に気を配るようにしましょう。

 

どんな会社に任せるのがいいの?

アパートの売却をする場合、まずは実績が多く、経験があるスタッフが多い会社に任せる必要があります。インターネット上で見つけられる不動産会社のどこでもよいわけではなく、地元の不動産会社でないとダメということはありません。アパートの売却やマンションの売却をしたことがあって、評判も良い会社を選ぶ必要があります。

 

その実績を確かめるには、接客の様子、説明事項の話し方、伝え方、質問した際の回答の質、分かりやすさなど人間性やビジネスとして頼れると思えるかをチェックするところから確認しても良いでしょう。実績については、無料相談した場合に聞けば教えてくれますので、信頼できる不動産売却会社ならば実績、経験などもすばやく教えてくれます。良さそうに思える会社ではなく、扱っている物件が多い会社だけでなく、実質結果を伴っている不動産会社を選ぶようにしましょう。

おすすめランキング

■ 当サイト運営者については⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP