家を売るときの流れ&売却手続き 不動産売却査定サイトおすすめ

まずは相談からスタート

家を売る時には、まず家の価格を把握する必要があります。この価値は不動産売却会社や不動産会社、買い手が見つかった時点でも少し変わるため、早い時期から専門のスタッフにアドバイスをしてもらっていないと価格が決められません。

 

家を造ったときの価格がそのまま適用できるということはほとんどなく、家の価値は少し落ちた状態での売却となるのが一般的です。価値が上がるのは、入居者が入っているアパートやマンションなどで、一戸建て、一軒家の価値が高くなる事はほとんどありません。最初に不動産会社の無料査定や無料相談を頼って、その時点での家の価格を把握しましょう。家の価格は、不動産会社によって提示する価値が変わりますので、必ず複数の不動産会社に相見積もりを出して、どんな価値なのかしっかり確かめましょう。

 

必要書類の準備が必要

家の査定が終了して、家の価値がはっきりとしたら、次は書類の手続きなどが必要となります。親から譲り受けたり、自分で家を建てたりした場合には、家の権利書、土地の権利書など必要な書類を用意しなければいけません。

 

ただし、書類は扱いに注意する必要があり、お金を受け取っていない段階で権利書や自分の所有を証明できる書類を不動産会社に移譲してしまうような手続きはしてはいけません。それをしてしまうと、家を無料で不動産会社にあげてしまったのと同じような状態になり、不動産会社に家をかすめ取られます。危険な会社や怪しい会社などもありますので、詐欺には合わないように信頼できる会社とした取引をしてはいけません。

 

買い手がついてようやく売却

家の査定と書類などの用意ができていて、ウェブサイトや全国のネットワークで買い手が見つかったとしても、買い手が条件に満足してくれないと不動産売却は成功しません。一戸建て、一軒家の場合は、耐震設備、床暖房、駐車場、庭の有無なども価格に関係してきます。家の中の傷や事故物件になっていないかどうかも重要で、人によってはなぜ引っ越しになったのか、なぜ家を売却することになったのか気にする人もいます。

 

オカルトっぽい話になれば、その家に住むと仕事に失敗するとか、家族が不幸になるとか曰く付きの家になっていた場合には、そういった家に住もうと思う人はいません。買い手が何を考えて、どんな条件を希望しているかという部分がマッチングできて初めて売却が成功します。

おすすめランキング

■ 当サイト運営者については⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP