中古マンションの売却価格相場 不動産売却査定サイトおすすめ

中古マンション1部屋の売却価格相場

中古マンションの売却価格相場

立地と築年数、部屋数によって変わりますが、1部屋150万円から200万円ほどで、3LDKだと700万円から800万円ほどで中古マンションを売却できる場合が多いです。これは一棟ではなく、1部屋での売却に場合なため、お部屋の状態、タバコの臭い、汚れなどで売却価格が下がる可能性はあります。

 

中古マンションも買った当初よりも高く売れるということはなく、価格は下がっての売却になりますので、無理な期待はせず不動産売却のプロのアドバイスをしっかり聞いて価格設定しましょう。中古マンション1部屋を売る場合は、個人で貸したり、他人を住まわせたり、AirBnBで使ったりするのが難しいので、不動産屋と相談しながらどんな運用ができるかも合わせて考えておくことをおすすめします。

 

マンション一棟の売却価格相場

マンションを一棟まるごと売却する場合は、収益物件として1000万円から数億円とかなり幅が生まれます。マンションの売却をする時には、家賃収入という長期間の安定収入もついてくるのが一般的なため、マンション一棟の売却価格はかなり高額にできます。しかし、高く設定しすぎると買い手がつかない上に、売りに出されているという時点で何か問題があったのではないかと疑われてしまうのが普通です。

 

また、購入者はお金、資産に余裕がある方、目の肥えた方、不動産業界で生きてきた方々がメインになるため、価格交渉や設備の状態などについてもかなり対応が難しくなります。そのため、マンション一棟を売却する場合は、できる限りプロの不動産売却会社を頼ったほうがよく、個人で交渉してうまくいく例は非常に少ないです。

 

東京のマンションは10億超えも多い

都内のマンションの場合は、土地の価格、利回りなどを考慮して10億円、15億円で売られている所がほとんどです。中古マンションが地方にある場合は3000万円や5000万円での売却になることが多いですが、利回りが良ければ購入される可能性があります。特に、東京のマンションに低い利回りで10億円で投資しているより、高い利回りで5000万円のマンション20棟に分散投資したほうがトータルでの利益が大きくできます。

 

管理費用などの手間は不動産会社に任せてしまえば特に困ることはなく、地方の2人夫婦、3人家族向け、高齢者向け、学生向けと運用方法を工夫すれば利益も確定しやすくなるでしょう。こうした買い手のニーズに対応できるのも不動産売却会社を頼るメリットです。

おすすめランキング

■ 当サイト運営者については⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP