アパートの売却価格相場と買い手のニーズ 不動産売却査定サイトおすすめ

アパートを購入するのはどんな人?

アパートの売却価格相場と買い手のニーズ

アパートを一棟購入する人は、新しく不動産投資に参入する人か、グレードダウンして不動産投資を続けようとする人のどちらかしかいません。アパートが建っている土地の価格が上がることを見越して購入する人もいますが、駐車場やその他のスペースを広く確保してすぐに別の買い手に売ってしまうというような本格的にビジネスライクな不動産取引をする人もいます。

 

アパートはマンションに比べると価格が安く、一戸建てに比べれば収益物件として生かしやすいため、資産がそこまで多くない人、資産が1000万円から5000万円ある人が参入する事が多いようです。また、東京や大阪など主要な都市、大きい都市でアパートを購入するより、入居率が良いアパートを地方都市で購入する人のほうが多いです。

 

入居率の高いアパートが人気

収益物件として成功するには、何よりも利回りが大切になります。この利回りはせめて入居率が高くないと回収率が悪いので、例えば、大学のそばの学生向けアパートにしてしまったり、高齢者向けのアパートにしてしまったりするのも一つの方法です。一般向けにして入居者が落ちてしまっても意味はなく、家賃を高くして入居率が下がってしまっても意味はないので、アパートは手堅く地道に収益を伸ばしていきたい方に向いています。

 

毎月の収入が数百万円に届くような感じのものにはなりにくいですが、毎月10万円から40万円というように確実に安定した収入になる可能性は高いです。

 

アパートの売却価格は?

中古のアパートを売却する場合は、だいたい1000万円から2000万円位になると考えていたほうが良いでしょう。建物自体は年数が経過しているとあまり価値を見いだせず、土地代、家賃の回収率などからアパートの価値を決めていきます。この売却価格はできれば不動産売却会社に適性なもの、売れやすい価格、市場のニーズを把握している人にやってもらったほうがよいでしょう。

 

アパートの売却手続きや価格設定など、素人や免許がない人がやるのは難しい場合がほとんどですので、不動産会社に頼って手続きをしましょう。インターネット上で紹介されている不動産売却会社も1社だけをチェックして終わりにするのではなく、複数社に相談して見積もりをとり、最も安心して頼れる会社を見つけておきましょう。不動産売却は、必ずしも地元の不動産会社でなければいけないわけではないので、まずはネット査定、無料相談から始めるのが無難です。

おすすめランキング

■ 当サイト運営者については⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。


PAGE TOP